ウェブ制作の基本と応用についてのこと!その方向とは

基本は重くしないことです

ウェブ制作というのは、要するにインターネットサイトを作る、ということになります。それはなかなか難しいことではありますが昔よりは遥かに容易になっていることも確かです。それは実に有難いことであり、非常に身近になった、ということでもあります。では、度のようなことを意識して作るべきなのか、といいますとそれは軽くすることです。逆から言えばサイトを重くしないことです。画像や動画などをそこまで多用しないことが基本です。

どうして重くしてはいけないのか

何故、サイトに動画や画像をあまり載せないほうがよいのか、といいますとそれはメモリに負担が出るからです。それではかなり見難いことになります。見る側のこともよく考えることが制作の基本であるといえます。どうしても身につけた技術を活用しようと頑張りたくなるでしょうが、それでも基本的には軽くするように心がけることです。むしろ、そちら側の知識がありますと何かと役に立つことになります。軽いサイトを作ることを目指しましょう。

色々とリンクを増やすこと

相互リンクを増やすことが昔は重要視されていました。今ではそこまでではないのですが、それでもどこかと繋がっていることにしたほうがよいに決まっています。制作をする時にはコンテンツとしてリンクしやすいものを作るとよいでしょう。それが訪問者を増やすコツになります。焦ることはありませんが、徐々にでも内容を充実されることによって、訪問者数は伸びていくことでしょうSEO対策などもお勧めできます。難しいですがサイトを大きくするためです。

HTMLやOSSという技術を用いて、サイトを制作するためのプログラミングをするというイメージです。コーディングはサイトの骨組みをして形にしていく役割です。直接中身の内容を作るという事はしません。