インターネットの誹謗中傷の誘因と有効な対策とは

インターネットの中傷が起こる理由

PCとスマホの浸透で、ホームページが老若男女に対して普及した只今、支障が生じているのがインターネットの誹謗中傷になります。インターネットの掲示板、あるいはソーシャルネットワーキングサービスで、把握していない相手方から言いがかりされたり、不愉快なコメントを記された事が生じています。どうしてインターネットの中傷は起こるのだろうかについてですがその理由は匿名性にあるといわれています。相手方と顔を合わさないぶん強気になれることから、常日頃の鬱憤を晴らすこともあって、知らぬ相手方を誹謗する事があるといわれています。

中傷されない為の方法とは

インターネットの誹謗中傷については、だれもが狙い撃ちされる可能性も高いので、パーフェクトに阻止するのは困難です。しかしながら、対象にされにくくするテクニックがあります。それはできるだけ目に付かないようにすることです。ひとつの例としてインターネットブログやソーシャルネットワーキングサービスをやっている方は、自身の画像を載せ無いようにする、或いは記入を慎むそれから、有名人をバッシングする書き込みをしない事などです。納得がいかない著名人でも、ファンにとりまして大事な人ですから、コメントには気を付ける必要があります。

仮にネットで中傷された場合について

仮にインターネットで中傷されたら、相手方に返して個人で消失させようとするのは短絡的です。その理由はインターネットという匿名性から、相手方は一層中傷続ける懸念があるためです。相手方をヒートアップさせると、画像であるとか書き込みがさまざまな掲示板に貼り付けされてしまう時もあるようです。まず第一に、掲示板、あるいはブログの運営者に相談した方が良いでしょう。腹立たしい書き込みの削除、あるいは中傷した参加者のIPアドレスを阻止するなど、それなりのアクションをしてくれると思います。

ネットでの誹謗中傷対策としては警察に届出るのが最善策です。刑法等の犯罪に該当する場合があります。個人への誹謗中傷は名誉棄損、企業に対しては業務妨害です。正式な捜査の有無に拘らず相談はしてくれます。