初心者必見!見やすいホームページの作り方のポイント

見やすいレイアウトかどうか

ホームページを開いた時に大きな画像や動画が大きく登場するレイアウトは、個性的ですけど見づらいですよね。一般的なホームページのレイアウトはページの上部にメニューがあって、その下に画像やロゴがあって、更にその下にコンテンツが並ぶという形です。これが見慣れたレイアウトなので奇をてらわず、普通のレイアウトにしましょう。ホームページを使うのはユーザーなので、ユーザーが使いやすいレイアウトにするのが一番大切ですよ。

色を使い過ぎないこと

ホームページには背景や文字、ロゴなど様々な色を使いますよね。色の使用数が少なすぎて地味なホームページになるのも考えものですが、色を使い過ぎると見づらいホームページになるので気をつけましょう。やりがちなのは色の明度(明るさ)、彩度(色の鮮やかさ)、色相(色味)に統一感がないことです。色味が近くても明度や彩度が異なれば統一感が出ないので、見づらいんですよね。何か1色基準の色を決めて、それに合わせて明度や彩度を合わせていくと全体に統一感が出ますよ。

文字が見やすいかどうか

文字が見づらいホームページは余り見る気になりませんよね。背景の色や画像によっては文字が読みづらくなる場合があります。そんな場合は文字を縁取りしたり、シャドウを入れたりするのが有効です。それと基本的に同じページ内で縦書き・横書きは統一した方が良いです。縦書きと横書きでは視線の動かし方が違いますから、どちらかに統一した方が読みやすいんですよ。どうしても縦書き・横書きを混在させたい場合は、どちらかを画像にしたり、また縦書きを明朝体にするなどしてデザイン性を持たせれば良いですよ。

自分でパソコンの知識がなくてできない人もホームページ制作を作ってくれる業者があるので依頼すれば問題ないです。